3冊目の著書「売れ続けるネット文章講座」2020年9月10日ぱる出版より発売

ホームページを作っても上手くいかない人

言葉で仕事をつくる、さわらぎ寛子です。

「ホームページを作りたいんですけど・・・」
「ホームページを作ったんだけど・・・」

というご相談を、立て続けに受けたので、今日は、ホームページを作ったけど上手くいかない人の特徴について書いていきます。

ホームページを作ったけれど、上手くいかない2つの理由

集客や売上アップに思ったほど結びつかない理由は2つです。

理由① ホームページ自体がイケていない

せっかくお金や時間をかけて作ったのに、ちゃんと機能していない、作ったホームページ自体に問題がある場合です。

個人事業主や起業家、お店やサロンをしている方が、ホームページをつくる場合、

① 自分で作る
② 専門家に頼む

どちらかだと思います

①の場合、デザインや構成に素人っぽさが出てしまうと、ビジネス的にはよろしくない。

よっぽど得意な人以外は、専門家に任せた方がいいと私は思います。

②の場合、ホームページをつくる会社やプロは、たいていの場合、デザインやコーディングのプロです。
文章のプロではありません。

だから、見た目はキレイでカッコよくても、言葉が何も刺さらないホームページになることが多い。

「テキスト(文字)はそちらでご用意してください」と言われるパターンも多いです。

ライターさんがいる場合も、まぁ、ヒアリングしながら上手くまとめてはくれますが、たいていの場合は、「よくあるテンプレート」に当てはめながら文章を書いてくので、どっかで見たようなホームページになることが多いようです。

「SEO対策をします!」
「検索に引っかかるような言葉をたくさん入れます!」

と言われますが、そこに注力するだけでは、選ばれるホームページにはなりません。

理由② 作ったけれど、誰も知らない

ホームページを作ったけれどうまくいかない理由のふたつめは、作ったけれど誰も知らない。

ホームページを作っただけでは、誰も通らない砂漠に家を建てたようなもの。

そこにつながる導線をしっかり設計しないと、どんなに立派な家も、だれ一人訪れてくれません。

先ほども書きましたが、「じゃあ、SEO対策をすればいいんでしょ?」となりがちですが、今の時代、SEOだけで人を集めるのは、至難の業。

よっぽどSEO向きの業種で、しっかりお金をかけて対策をしない限り難しいです。

しかも、そのお金をかけたSEO対策もGoogleのアルゴリズムが変わったら、パーです。
Googleの気まぐれに、振り回されるだけです。

じゃあ、どうやってホームページをつくればいいの?

私が思う、ベストな方法はこれです。

デザインは、プロに任せて、文章は自分で書く。

と言っても、フツーに自分で書けば、「自分が言いたいこと」をそのまま書いただけになります。

自分の伝えたいことを、相手が知りたいことに変換して書く必要があります。

私の商品・サービスだもん、私が一番知ってるわ、は危険です。

誰も読んでくれない文章になります。

ホームページへの導線をしっかり作る

具体的に言うと、SNSですね。

SNSからしっかりホームページにつながる導線を作ります。

「自分の名前」で検索される人になる

これが最強です。

「検索されやすいキーワード」を必死で探しても、Googleに振り回されるだけ。

究極は、自分の名前、もしくはお店や商品の名前で検索されることです。

私の講座では、この3つの具体的な方法をお伝えしています。

私がホームページのテキストやコピーを1字一句書くことはしませんが(それをやると超高額になるので)自分で売れる文章やコピーが書けるようになり、ホームページへの導線も作れます。

そして、作ったコピーや文章は、私が一字一句添削します。

自分を売り出す言葉のチカラ1day体験セミナー

まずは体験してみたい方へ。

オンラインZoomでも開催!

日曜日も設定していますので、平日がお仕事の方もぜひこの機会にどうぞ。

興味のある方は、ぜひ体験セミナーにお越しください。

オンラインサロン「心をつかむ文章ラボ」

「オンラインで学びたい」
「気軽にさわらぎの学びを受けてみたい」
「自分の書いた文章をチェックしてほしい」という方へ。

言葉で仕事をつくるラジオ

毎日配信している音声メディアです。

ブログやメルマガよりももっと気軽に、
「今」「今日」気づいたことを自分の言葉で。

一発撮り。
やり直しなし。
下手でも出す。 の心意気で。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントを残す