4冊目の著書『発信力を強化する「書く」「話す」サイクル』2021年12月23日発売

講師には、講師の文章がある

言葉で仕事をつくる、さわらぎ寛子です。

さて、今日も読者の方からいただいた質問(というか悩み相談?)に答えていきます。

フラワーアレンジメントの教室をしています。

自分も教室を持ちながら、講師養成もしています。

質問なのですが、

「講師としてこういう文章を書いた方がいい」という目安というか決まりはありますでしょうか?

私は、自分というよりも、認定講師たちが活躍するためにホームページなども整えていきたいのですが、自分のブログでの発信も気になっています。

講師としてこういう文章はNGというものがあれば教えていただきたいです。

ご質問ありがとうございます。

この方のように認定講師がいる方はもちろん、講師として人の前に立つ方は、やはり文章がしっかり書けている方がいいでしょう。

それが信頼につながりますもんね。

質問に答えて、講師としてのNG文章を5つ挙げてみます。

NG講師5つの文章

  1. 絵文字・顔文字を使っている
  2. 上から目線
  3. 頼りない感じがする
  4. 専門用語や業界用語が多くわかりにくい
  5. 人間性が全く見えない

ひとつずつ解説します。

1.絵文字・顔文字を使っている

少なくとも、人に何かを教えている人は、なるべく絵文字・顔文字は使わない方がいいと私は思います。

少しぐらいならまだいいですが、1記事の中に何度も絵文字顔文字が出てくると読みにくいし、子どもっぽいです。

講師になりたてで「素人+α」な感じをわざと出したいならそれもいいかもしれませんが、生徒さんたちに信頼される講師になりたいと思うならば、絵文字・顔文字を使わずに文章が書けるようになってほしいなと思います。

そして、メディアに出たいとか、本を出版したいとか、企業と仕事がしたいということを思っているならば、ブログやSNSの文章も「見られている」という意識で書いた方がいいです。

以前、雑誌の編集の仕事を一時期やっていましたが、メディアの人間は、ブログなどを「信頼できる人か?」という視点で見ています。

絵文字・顔文字だらけの記事を、生徒さんが見たらどう思うか?

メディアの人が、企業の担当者が見たらどう思うか?

一度考えてみてください。

2.上から目線

上から目線の先生に習いたい人はあまり多くない気がします。

そして、上から目線の文章を書いていると、依存体質の人が寄ってくる、というデメリットもあります。

自分の文章が上から目線になっているかどうかは、自分ではあまりわからないものです。

3.頼りない感じがする

かといって、やたらと頼りない文章の人にも何かを習いたいとは思いません。

~かもしれない 

ばっかり書いている人だと、

頼りないし、その人のところに行って自分が変われる気がしません。

  • 言い切るところはびしっと言い切る、
  • 言い切らないとことは言い切らない、

そういう書き分けが大事です。

4.専門用語や業界用語が多くわかりにくい

個人事業主や起業家の方

特に講師業をしている人は、自分と同じような業種で、自分と同じような価値観の人がまわりに多い、という方が多いようです。

そこでは、「仲間内で伝わるコトバ」で会話ができます。

詳しく説明しなくても、相手に伝わります。

でも、一般の人には全く伝わっていない。

そんな言葉で文章を書いている人が非常に多いのです。

いつも同じメンバーで固まりがちな方は、自分が使っている言葉が、一般の(ブログやSNSの読者)に伝わっているのか?
一度見直してみてください。

仲間内にしか伝わらない言葉を使っている人たちの中に、新規のお客様は入りにくいかもしれません。

5.人間性が全く見えない

講師だから正しいことを書かなきゃ!

認定講師たちの見本になるようなことを発信しなきゃ!

と身構えすぎて、正しいことを四角いまま書いている発信では、その人の人間性が見えません。

人間性が見えない発信に、人は興味が持てません。

ただのお役立ち情報なら、誰が発信しても同じなのです。

あなたにはあなたにしか書けないことがある。

辞書みたいな記事になっている人はもったいないです。

以上、講師の文章 NG 例を5つお伝えしました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

発信力をあげる"言葉力"体験セミナー

情報発信で売れる人になるには、SNSの使い方や、書き方・話し方の前に大切なことがあります。

オンラインZoomでも開催!

日曜日も設定していますので、平日がお仕事の方もぜひこの機会にどうぞ。

興味のある方は、ぜひ体験セミナーにお越しください。

オンラインサロン「心をつかむ文章ラボ」

「オンラインで学びたい」
「気軽にさわらぎの学びを受けてみたい」
「自分の書いた文章をチェックしてほしい」という方へ。

言葉で仕事をつくるラジオ

頭の中にあることをお話している音声メディアです。

ブログやメルマガよりももっと気軽に、
「今」「今日」気づいたことを自分の言葉で。

一発撮り。
やり直しなし。
下手でも出す。 の心意気で。

コメント

コメントを残す