3冊目の著書「売れ続けるネット文章講座」2020年9月10日ぱる出版より発売

お客様目線、読者目線って結局なによ?

たとえば私がお餅を作っていたとして。
そのお餅を、パン屋さんに売りたい(卸したい)とする。
 
「お餅入りのパンを作りませんか?」は完全自分目線。
 
いや、結構です。ってなる。
 
「いえいえ、この餅の原料は、○○県産のこだわりのお米で…
ひとつひとつ手作りで…
栄養素は○○で、からだによくって…」
 
なんて言っても、聞いてもらえない。
 
人が知りたいのは、「自分にとってどういいか」
 
パンにお餅を入れたら、パン屋さんにとってはどういいか?
を考えてみましょう。

たとえば、 

  • 珍しいメニューが開発できる
    →(それでどんな変化が起きる?)
  • SNSで、話題になるかも!?
    →(それでどんな変化が起きる?)
  • 話題になって、メディアに取り上げられるかも!?
    →(それでどんな変化が起きる?)
  • 今までとは違う客層のお客様が来てくれるかも!?

みたいなことです。

「お餅入りのパンを作りませんか?」は、完全に「自分目線」
「メディアに取り上げられるような、話題の新商品を作りませんか?」が「相手目線」。

自分が言いたいことではなく、相手が言ってほしいことを言おう。

自分を売り出す言葉のチカラ1day体験セミナー

まずは体験してみたい方へ。

オンラインZoomでも開催!

日曜日も設定していますので、平日がお仕事の方もぜひこの機会にどうぞ。

興味のある方は、ぜひ体験セミナーにお越しください。

オンラインサロン「心をつかむ文章ラボ」

「オンラインで学びたい」
「気軽にさわらぎの学びを受けてみたい」
「自分の書いた文章をチェックしてほしい」という方へ。

言葉で仕事をつくるラジオ

毎日配信している音声メディアです。

ブログやメルマガよりももっと気軽に、
「今」「今日」気づいたことを自分の言葉で。

一発撮り。
やり直しなし。
下手でも出す。 の心意気で。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントを残す